突然の汗の臭いの原因の根源にあるもの

手汗,臭い,匂い

汗は、ほぼ無臭なのにも関わらず、突然、汗の臭いによる、体臭が気になってしまうこともあります。

 

原因は?

 

原因は、肉類などの脂っこい食べ物や、お菓子など糖類の多い食べ物が中心の食生活や、ストレスなどによる、『汗と皮脂や乳酸の混ざり』が根源にあります。

 

人間は、体温調節のためや、不安や緊張など何らかの原因で汗が出ることもあり、この時点では臭いはありませんが、汗と、肌の乾燥や紫外線などから守る皮脂が、混ざることで、外部からの病原菌の抑制など、皮膚の健康を保つはずの、常在菌の繁殖に伴う、死骸や排泄物から、臭いが発せられるようになります。

 

point

特に、皮脂の分泌促進の原因になる、脂っこい食べ物、糖類の多い食べ物ばかり食べていると、汗と皮脂が混ざりやすくなることから、常在菌の繁殖による、臭いが起きやすくなります。

 

また、ストレスや激しい運動によって、疲労物質の乳酸が、一緒に汗と分泌されて、皮脂と混ざることで、独特の酸っぱい臭いが発せられることもあります。

 

このように、皮脂が出るような食生活を送っていたり、ストレスを感じやすかったり、激しい運動をしていると、汗と皮脂や乳酸が混ざりやすくなり、突然の臭いに発展してしまいます。

 


出先で臭うのは身体ではなく服

家を出るときは、臭いを感じなかったのにも関わらず、出先で急に臭いが気になることもありますが、この原因は『服』にあります。

 

理由は、服が汗をこもらせて、多湿状態が続くことで、皮膚に棲み付く、常在菌の繁殖が起きて、常在菌の死骸や排泄物の臭いがおきるものです。同様に、洗濯しても落ちていない、服についた雑菌の繁殖も、臭いの原因になります。

 

その為、出先で臭いが気になる場合は、着ている服への対策をすることが大切になります。

 

服の臭いを出先で対策する方法

前項で、出先での臭いは、服が原因ということを説明しましたが、出先で気になる服の臭いには、『服用消臭スプレー』、『水で濡れたタオルでこまめに汗を拭く』ことで、対応していかれると良いでしょう。

 

服用消臭スプレー

500円以内で、ドラッグストア等で販売されている、服用消臭スプレーの、リセッシュ除菌EX、リセッシュ除菌EX携帯用がおすすめです。無香料の「香り残らない」タイプもあります。

 

どちらも、外出前や外出中に使用可能で、外出前に使うことで、臭いの元になる、服に付いた雑菌を除菌して、防臭効果が期待できますし、外出中に臭いが気になれば、消臭効果と除菌効果によって、臭いを抑えることができます。

 

持続効果は、1時間程度ですが、こまめにスプレーすれば、消臭効果も続きます。

 

水で濡れたタオルでこまめに汗を拭く

1〜2時間置きと、こまめに汗を拭くことで、臭いの原因になる、服が汗をこもらせることによる、皮膚の常在菌や服の雑菌の繁殖を防止することができますので、臭いの防止にも繋がります。

 

この際、水で濡れたタオルであることもポイントで、水気のないタオルですと、汗の水気を拭き取ることで、水分蒸発による、体温調節ができなくなり、余計に汗がでることもありますので、水気を含んだタオルで拭き取りましょう。

 

突然の服の臭いが気になったときにやってはいけないこと

服が臭った際に、やっていはいけないことは、悪臭の原因になる、香水やボディミストなど、『他の香りを混ぜる』ことです。

 

良い香りによって、臭いが緩和されそうですが、混ざりあうことで、余計に悪臭を放つこともありますし、人間の鼻は、香水等と混ざった、人工的な悪臭に、慣れにくい性質をもっているので、周りに迷惑をかけることもあります。

 

その為、良い香りだからといって、臭い消しに使うのはやめた方が良く、普段から、香水等を付ける方も、臭いが気になった場合は、控えた方が良いです。

 

服が臭わないための対策方法

事前に、服が臭わないような、洗濯方法、臭いに繋がりにくい服を選ぶという、対策も行っておけば、出先での臭いが軽減されます。

 

洗濯方法

通常通りに、服を洗濯しても、臭いの原因となる、雑菌が落ちないケースも多いため、洗濯する前に、アマゾンや楽天等で500円前後で販売されている、殺菌&消臭効果のある「酸素系漂白剤(粉末)」を使って、つけおきすることがおすすめです。

 

基本的に、色物の服でも色落ちはしませんが、水洗いできない服、毛皮等の動物性繊維の服、ファスナーや生地に金属製品や金属染料が使用されている服に関しては、色落ちや服の痛みに繋がる可能性もありますので、これらの服では行わないでください。この場合、クリーニング店に任せたほうが良いです。

 

洗濯方法

やり方は、服がおさまるサイズのバケツに、40度〜50度の熱めのお湯を入れて、大さじ1〜2杯の酸素系漂白剤を入れて、十分に溶かした後、気泡を含む白い液体になったら、液体の中に服をいれて、バケツに蓋をして1時間程度つけおきします。

 

その後は、お湯ですすいで、通常通り、洗濯機で洗濯をしていきます。この際、使用する洗剤や柔軟剤は、いつも使用しているものでOKですが、外国製など香りが強いものは、買い換えた方が良いです。というのも、前項で話したように、服の臭いがおきたときに、混ざると、悪臭に繋がることがあるからです。

 

洗濯後は、雑菌の繁殖に繋がらないためにも、すぐに干して乾かします。部屋干しの場合は、洗濯物の近くに除湿機を置いて、扇風機をまんべんなくあてるようにすると、部屋干しの嫌な臭いなく乾きます。

 

麻や綿の服を選ぶ

服の臭いは、汗がこもることから始まるので、汗がこもらない、通気性の高い、麻や綿の服を選んだ方が良いです。

 

今まで、服の臭いが気になっていた方でも、これらの素材を着ることで、改善されたケースは多いので、服に付いているタグを見て、麻や綿かを判断して服選びをしましょう。

 

 

体臭を対策するための食生活・生活習慣

服の対策も大切ですが、冒頭で話したように、食生活やストレスや激しい運動などが、体臭に繋がりますので、生活習慣に気を配って、体臭を追い払うことも大切となります。

 

point

食生活では、「肉の脂身や揚げ物などの脂っこい食べ物」、「ケーキや和菓子など糖類の多い食べ物」は、皮脂の分泌を促すことで、汗との混じりから、臭いを発しやすくなりますので、控えた方が良いです。逆に、皮脂抑制効果のある、「ビタミンB2(納豆・チーズなど)、B6(さんま・サバなど)」は、積極的に食べましょう。

参照→手汗を抑える食べ物と手汗対策には控えたい食べ物

 

ストレス&激しい運動に関しても、汗から、疲労物質の乳酸が分泌されやすく、皮脂と混ざり合うことで、独特の酸っぱい臭いを発するので、日頃から、「ストレス解消」に努めて、汗を大量にかいて体が疲れるような、「激しい運動」も控えましょう。

 

ちなみに、ストレス解消は、「適度な運動・旅行・食事・睡眠・笑う」ことが良いと、専門に研究している医師も、提案していますので、参考にしてみてください。

参照→手汗を抑える生活習慣のやっていいこと・やってはいけないこと

 

服と体臭への対策をすることで、臭いに悩まされることが、なくなっていきますので、これらを習慣化して、臭いとは無縁の生活を送りましょう。

 

まとめ

女医

汗が臭う原因は、体臭や服が原因になることもありますが、それぞれに合った対策をすることで、気になる臭いもなくなっていきます。

 

体臭に関しては、生活習慣が原因になっているので、対策をしても、すぐには効果を感じられないこともありますが、習慣化させていくうちに、徐々に効果がでますので、根気強く続けていけば大丈夫です。

 

体臭をなくす生活習慣は、同時に、心身の健康や美容にも繋がりますから、体臭だけではない効果も実感できるでしょう。

 

例えば、肉やケーキなどを控えることで、体重が減ったり、皮脂の分泌が抑えられることで、ニキビや吹き出物もなくなり、ストレス解消に努めることで、心地よい毎日を過ごせるなど、プラスのことばかりです。

手汗関連お悩み解消コラム
もしかして臭う?突然の汗の臭いを消す方法
汗は、ほぼ無臭なのにも関わらず、突然、汗の臭いによる、体臭が気になってしまうこともありますよね・・・

>> 続きはこちら

手汗に伴う湿疹やかゆみの症状と治療方法
手汗だけにおさまらず、ぶつぶつやプツプツなどの湿疹やかゆみが起きて、寝ている間に掻いてしまう・・・

>> 続きはこちら

出先で突然、汗の臭いが気になった時に、汗の臭いを消す方法をまとめました。
page top